名古屋市中区松原1-4-8 [ Google Map ]
   
車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用ください。
営業時間:
      平日  10:00~19:00
      土日祝 10:00~19:00
      定休日 第2・3水曜
          毎週木曜

@cultureclub_ngy
Facebook

2022/2/18

【SURLY New Model!!】ドロップハンドル・ポジションから生み出されたダートデーモンGhost Grappler

Steel yourselves, Ghost Grappler!!

ドロップハンドルでのポジションを第一に設計されたトレイルモデルとなるGhost Grappler / ゴースト・グラップラー

オフロードバイクの愛好家たちは何十年もの間、試行錯誤しながらトレイルバイクにドロップバーを取り付けてきましたが、このGhotst Grapplerはユニークなことに「ドロップハンドルを使用することを前提にデザイン」されているので悩むことなく安定してスムースに様々な地形で活発なライドを叶えてくれます。

The Official Intergalactic Surly Regional HQ

SURLY Ghost Grappler Frame Set
¥121,000-(tax inc.)

状態: 新品
素材: NATCH!4130 CrMo
カラー: Sage Green
コラム径: 1-1/8″(28.6mm) 
フロントエンド幅: 15x110mm / Boost Thru axle
リアエンド幅: Gnot-Boost 145mm
12x142mm or 12x148mm/Thru Axle
10x135mm/QR(別途専用アダプター必要)
BB規格: BSA / JIS ,73mm
ブレーキタイプ: ディスクブレーキ
タイアクリアランス
フレーム
27.5×3.0”(フェンダー無し)
27.5×2.8”(フェンダー有り)
29×2.1-2.5”(フェンダー無し)
※2.5″の場合ドロップを後方に引く必要有り
タイアクリアランス
フォーク
27.5×2.8”(フェンダー無し)
27.5×2.6”(フェンダー有り)
29×2.2”(フェンダー無し)
29×2.0”(フェンダー有り)
ボトルケージアイレット: シートチューブ、ダウンチューブ(上下)
XSはダウンチューブのみ
ドロッパーポスト: インターナル・ルーティーン対応


長く使い続けられるSURLYが生み出したダートデーモン

アメリカはミネアポリスより、普段使いから週末のライドなど何に対しても無駄使いさせないためにはどうしたらいいかと試行錯誤し、乗る人それぞれに合ったパーツを飲み込めるフレーム、かつタフで長く使える。 そしてもちろん楽しい自転車を作り続ける無類の自転車好き達による言わずと知れたメーカーSURLY / サーリーが生み出したダートデーモンと呼ぶモデル”Ghost Grappler / ゴースト・グラップラー“。

トレイルバイクには十分な27.5×3.0″と29×2.5″のタイヤクリアランスと週末のデイキャンプからヘビーなパッキングで活躍するボトルケージやラックマウントが多数設置。 フォークサイドにはエニシングケージ対応の3連+プラスワン、内側にもひとつあるのでラックステーとの干渉問題も結構簡単にクリア出来そうですね。

そして、リアエンドのラックマウントとフェンダーマウントの位置関係がボトルケージの穴間隔にされているのがサーリーらしい隠しコマンド的な演出。

ダートトレイルを想定したライドではアクセスまでのオンロードは踏み切るために適正シート高に上げ、オフロードの下りでは体重移動や乗り降りしやすくするために下げることが多いので、その作業をストレスなく手元で行えるようにするドロッパーポスト用のインターナル・ルーティーンへの対応抜かりなし。

クロスチェックに継ぐ、拡張を持たせたGnot BoostリアエンドはMTBとロードバイク規格のスルーアクスルだけでなく135mmのクイックスキュワーに対応、そして前後にスライド出来るということはシンプルにシングルスピードもお任せあれ。


アリゾナで行われたテストライドによって決まったヘッドチューブは69.5度は、ダウンヒルと高速巡航では軽快なハンドリング性能を発揮してコーナリングでもアンダーステア​​になる心配が生まれません。

高めのヘッドチューブおかげでバイク全体のルックスやコラムの剛性を保ったままドロップハンドルを合わせることが出来るので、Corner barSmog Cutter barのようなワイドドロップバーやマルチハンドルがバチッと似合いそう。 完成車ではMICRO SHIFTのAdventシリーズが採用されていてドロップポジションに10速のワイドレンジスプロケット、左のシフトレバーはドロッパーポストに繋げてくるなど、肩肘は張らないけど抜け道を掻い潜って活用しまくる”サーリーらしい”ことが出来るのを魅せつけて来ています。こりゃあ、フレームから組むときは負けられませんね。


The Official Intergalactic Surly Regional HQ


クリベッジキットを持って週末のサイクリングに出かけたり、禁断のシングルトラックを制覇したり、寂れたロギングロードで大騒ぎをしてもNo Problemな活発なダートデーモン。 生い茂ったファイヤーロードをペダリングして非日常的な体験をさせてくれるはず。 もう怖がることはありません。

カルチャークラブにはまずXS、S、Mサイズのフレームセットが各1本ずつ入荷。 店頭では隅々までチェック出来るので冒険に出掛けてくてウズウズしてきた君は急げ!!

関連記事

ご利用案内

どなたでもご利用いただける貸しピットです。一般工具、専用工具ともにご使用いただけます。
自分の自転車を自分で触る楽しみをスタートさせましょう。

予約制となっています。ご利用の際は事前にご予約下さい。
予約可能時間:
 平日  10:00~19:00
 土日祝 10:00~19:00
 定休日 第2・3水曜、毎週木曜

ご利用料金:500円/15分・1,500円/1時間・5,000円/1日(延長はその後の予約状況によります。)
ワンポイントアドバイス(スタッフによる作業説明)/1,000円 レンタルピットご予約はこちら
ご利用案内


消毒洗浄とマスクの着用など作業環境を整えて実施しておりますので是非ご相談くださいませ。

Grease Monkey Bike School】

・12月3日(金) 【残り定員・2人】
Basic01:Tire Rescue / チューブド・タイヤのトラブルを解消しましょう
内容:パンク修理、タイヤ交換、タイヤ・チューブの種類
※チューブレス・レディは範囲外となります。

・12月7日(火) 【残り定員・3人】
Basic02:Drive Train Clinic / ライド中のチェーントラブルを解消しましょう
内容:チェーンの仕組み、注油の仕方、チェーントラブルの対処方法

12月10日(金) 【残り定員・3人】
Basic03:Rim Brake Clinic / リムブレーキの調整方法を身につけましょう
内容:ブレーキの種類、リムブレーキの特徴、調整方法
※ディスクブレーキは範囲外となります。

12月14日(火) 【残り定員・3人】
Basic04:Head Set Clinic / ヘッドの構造を理解しましょう
内容:ヘッドパーツの種類と仕組み、各ヘッドパーツの調整方法

12月17日(金) 【残り定員・3人】
Basic05: Hub Overhaul and Adjustment / ハブを理解しましょう
内容:ハブの種類と仕組み、ハブのメンテナンス

・12月21日(火) 【残り定員・2人】
Basic06:Crank & Bottom Bracket Clinic / クランクとBB周りを触ってみましょう
内容:クランク・BBの種類と仕組み、BBのメンテナンス

・12月24日(金) 【残り定員・3人】
Basic07:Master BarTape Wrapping / バーテープを巻いてみましょう
内容:バーテープの種類、バーテープの巻き方、巻き方のコツ




【PRIVATE LESSON】

スタンダードバイク・コンプリート:¥30,000 / 1Day
ディスクブレーキバイク・コンプリート:¥35,000 / 1Day
シングルスピードバイク・コンプリート:¥25,000 / 1Day
1台完成までしっかりとレクチャー
(当店取り扱いメーカから選択、持込みも可能。)

ホイールビルディング
Front & Rear set:¥20,000 / 1Day
Front or Rear:¥15,000 / 5~6Hour
(パーツ類は当店取り扱いメーカから選択、持込みも可能。)

輪行マスター
¥3,000 / 2Hour
(事前に車体と輪行袋の確認が必要)

ワンポイントスクール
¥3,000~ / 2Hour~
ご希望の内容をお教えいたします。

  

ご利用案内
各種自転車の修理も対応しています。
ご自身では、どうしようもない時はお持ち込みください。

→ サービス料金表(PDF)




    This site is protected by reCAPTCHA and the Google
    Privacy Policy and Terms of Service apply.