名古屋市中区松原1-4-8 [ Google Map ]
営業時間:
 平日/土 10:00~20:00(木曜休)
 日 祝 10:00~19:00
#cultureclub_ngy
Facebook

ライナー管よ、何処に。
2017/11/27

ライナー管よ、何処に。

 
今回はBB / ボトムブラケットの裏を少し覗いてみましょう。
 
多くの自転車のシフターワイヤーは、ハンドルからBBの下を経由して前後のディレイラーに向かいます。 このとき樹脂製のケーブルガイドがあればいいのですが、スチールのランドナー系のフレームには上の画像のようにガイドがくっついていることもあります。
シフター用のインナーワイヤーをそのまま通してもよいのですが変速する度にフレームと直接擦れてしまい、塗装が削れてしまうだけでなくインナーワイヤーも傷ついてしまいます。

そこで活躍するのがライナー管と呼ばれる細いチューブのようなモノなのですが、これがあまり出番がないのでメンテナンスしようと思った時になかったりすることがあります。
もちろん、ライナー管だけで手に入れることもできるのですが今回はアレから作り出してしまうという内緒のお話です。
 
 
用意するのはシフター用のアウターケーブル。 ワイヤー交換をして数十cm余ったりしている方はチャンスですよ。

  
カッターを使い、ゴボウを笹掻きする感覚で外の被覆層を削ぎ落とします。 この時にあまり深く刃を入れると次の層に噛んでしまうので慎重にシャッシャッと。

 
そうするとワイヤー層が出てくるのでニッパーかワイヤーカッターでパチンとすれば、ライナー管だけが手に入ります。

 

 
このライナー管はシフト用なので、0.4mm太いブレーキ用のインナーワイヤーには使用することができないのでご注意を。 

 
あとは欲しい長さにカットして潰れた断面を千枚通しなどで丸く修正したら完成です。
最初の画像のようにBB下のケーブルガイドでも、インターナルフレームの中でも活躍しますね。 他にもインナーワイヤーとフレームやパーツが接触してしまっている箇所に通すことでフレームも守れますし、ワイヤーの動きもスムーズになります。
 
 
中途半端に余ったアウターケーブルも捨ててしまう前にバラしてみたら、ユーズドパーツと同様にまだ何かに使えるかもしれませんよ。
 

COMMENT

ご利用案内

どなたでもご利用いただける貸しピットです。一般工具、専用工具共にご使用いただけます。
自分の自転車を自分で触る楽しみをスタートさせましょう。

予約制となっています。ご利用の際は事前にご予約下さい。
予約可能時間:
 平日/土 10:00~20:00(木曜定休)
 日 祝  10:00~19:00

ご利用料金:500円/15分・1500円/1時間・5000円/1日(延長はその後の予約状況によります。)
ワンポイントアドバイス(スタッフによる作業説明)/1000円
ご利用案内

2018/8/7(火)

Basic02 : Drive Train Clinic / ライド中のチェーントラブルを解消しましょう

クービック予約システムから予約する

2018/8/10(金)

Basic03 : Wheel Truing / ゆがんだ車輪を直しましょう

クービック予約システムから予約する

2018/8/11(土)

FIX LIKE COOK Vol.6:Long Ride Q&A / 長距離ライドの不安を解消しましょう

クービック予約システムから予約する

2018/8/21(火)

Basic04 : Brake Clinic / ブレーキの調整を身につけましょう

クービック予約システムから予約する

ご利用案内
各種自転車の修理も対応しています。
ご自身では、どうしようもない時はお持ち込みください。

→ サービス料金表(PDF)