BIKE to 農村歌舞伎
2016/10/30

BIKE to 農村歌舞伎

RALのホームページの方で「BIKE to 仏教遺跡」の大ネタを書きましたが、こちらでも細々とライド予告としてのBIKE to〜を続けます。
 
daisaifu2016
 
年末年始に年賀として、個人的に行きたい祭を番付風カレンダーにして発行しています。
本来は注目を集めるはずの上段にひっそりと掲載している”農村歌舞伎”特集。反応してくれる人は少ないのですが、神社の境内や古い木造舞台小屋でカラフルな衣装を身にまとって上演される舞台はとてもフォトジェニックだし、演劇そのものだけでなく、ご座をひいてお弁当とお酒を楽しみながら名場面になると大向う(掛け声)をやったり、おひねりを投げたりする、観客も一体となった劇空間そのものがとても魅力的なので、これまで10回ほどあちこちの公演を観に行きました。
 
農村歌舞伎や地歌舞伎、地芝居と呼ばれる伝統的なローカル演劇は、ラジオやテレビが普及する以前に人気の娯楽として全国的に広まりました。一時衰退した時期もあるのですが、地域の伝統文化保護や観光資源としての再興ブームもあり、今でも全国で200ちかい団体が活動しているそうです。映画にもなった長野県大鹿村の歌舞伎が有名ですが、中山道をはじめ、上方と江戸と北陸を結ぶ諸街道が交わる東濃地域(岐阜県南東部)は各地の芸能を取り込みやすい環境にあり、地芝居の公演が盛んに行われたそうです。
 
今回はその中のひとつ、国指定重要文化財である芝居小屋「白雲座」で年1回行われる公演に行ってみようと思っています。
野外客席の舞台しか行ったことがないので、屋内の公演は初めてです。
おひねり用の小銭を忘れずに。
 

SimWorks/Circles
もんじゃ( Instagram
 
 
岐阜の地歌舞伎について
http://www.jikabuki.com/learning_jikabuki/about_jikabuki/
 
地芝居ポータル
http://www.jishibaiportal.com/
 
素人歌舞伎 – Wikipedia
素人歌舞伎

COMMENT

ご利用案内

どなたでもご利用いただける貸しピットです。一般工具、専用工具共にご使用いただけます。
自分の自転車を自分で触る楽しみをスタートさせましょう。

予約制となっています。ご利用の際は事前にご予約下さい。
予約可能時間:12:00~20:00(木曜日休み)

ご利用料金:500円/15分・1500円/1時間・5000円/1日(延長はその後の予約状況によります。)
ワンポイントアドバイス(スタッフによる作業説明)/1000円
ご利用案内

2017/06/06(火)

Basic01 : Tire Rescue / タイヤのトラブルを解消しましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/09(金)

Basic02 : Long Ride Q&A / 長距離ライドへの不安を解消しましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/13(火)

Basic03 : Drive Train Clinic / ライド中のチェーントラブルを解消しましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/16(金)

Basic04 : Wheel Truing / ゆがんだ車輪を直しましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/20(火)

Basic05 : Brake Clinic / ブレーキの調整を身につけましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/23(金)

Basic06 : Head Set Clinic / ヘッドの構造を理解しましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/27(火)

Basic07 : Hub Overhaul and Adjustment / ハブを理解しましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/30(金)

Basic08 : Crank & Bottom Bracket Clinic / クランクとBB周りを触ってみましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/11・18・25(三週連続日曜日)

Advanced 01:Gorilla Spun Wheel Building Class

クービック予約システムから予約する

2017/06/17(土)

Advanced 02:ChrisKing Hub & BB Tech Class

クービック予約システムから予約する

ご利用案内
各種自転車の修理も対応しています。
ご自身では、どうしようもない時はお持ち込みください。

→ サービス料金表(PDF)