BIKE to 山車まつり
2017/10/4

BIKE to 山車まつり


 
5年に1度、知多半島は半田の各所にある31輌もの絢爛豪華な山車が一堂に会する「はんだ山車まつり」。
10月7-8日に50万人以上の観客を集めて開催されます。自転車で見物に行くので一緒に行きましょう!

 

BIKE to 山車まつり

10月7日(土) お昼12時PFM集合/現地解散
片道約38km/2時間程度
 
川沿いの裏道を通ってのんびり走る予定です。アップダウンもほとんど無いので初心者でも大丈夫ですよ。
申し込みは不要。集合時間に集まって下さい。天気によっては予定変更もあります。
個人的には山車がメイン会場に整列してカラクリが演じられる時間帯に到着、その後提灯などが点灯される宵祭まで見て、19:00~20:00ぐらいには輪行で帰って来る予定です。
ツアーではなく、グループライドです。トラブルは自身で解決して下さい。

 

自分の生まれ育ったローカルでしっかり根を張り生きている人に強い憧れがあります。その晴れ舞台である祭を見物するために、これまでもあちこち巡ってきました
 
東海地方は全国的に見ても、山車の質と量ともに抜きん出ているそうです。
山車まつりではユネスコ無形文化遺産のひとつである亀崎潮干祭の山車も登場するのでとても楽しみ。山車について詳しくはこちらを参考に。(WEB1.0時代の情報は素晴らしい。)
 
そして、亀崎といえば、江上商店の江上君。古い祭の音頭も取れば、地元の魅力を新しい方法でも伝えていて、とても素晴らしいので、そのうちちゃんと紹介したいなと思ってます。今回は裏方らしいですが、どこかで会えるかな?
お隣、阿久比町出身の@neco_299さんも夕方にはカブトビールをついでいるらしいので一杯やりたいです。
 
今回を逃すと次は2022年。そんな未来の想像がつかない人は、今年一緒にいきましょー!
http://handa-dashimatsuri.jp/
 
SimWorks
もんじゃ
 

 

Photo by @neco_299 and @uegm .

COMMENT

ご利用案内

どなたでもご利用いただける貸しピットです。一般工具、専用工具共にご使用いただけます。
自分の自転車を自分で触る楽しみをスタートさせましょう。

予約制となっています。ご利用の際は事前にご予約下さい。
予約可能時間:12:00~20:00(木曜日休み)

ご利用料金:500円/15分・1500円/1時間・5000円/1日(延長はその後の予約状況によります。)
ワンポイントアドバイス(スタッフによる作業説明)/1000円
ご利用案内

2017/06/06(火)

Basic01 : Tire Rescue / タイヤのトラブルを解消しましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/09(金)

Basic02 : Long Ride Q&A / 長距離ライドへの不安を解消しましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/13(火)

Basic03 : Drive Train Clinic / ライド中のチェーントラブルを解消しましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/16(金)

Basic04 : Wheel Truing / ゆがんだ車輪を直しましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/20(火)

Basic05 : Brake Clinic / ブレーキの調整を身につけましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/23(金)

Basic06 : Head Set Clinic / ヘッドの構造を理解しましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/27(火)

Basic07 : Hub Overhaul and Adjustment / ハブを理解しましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/30(金)

Basic08 : Crank & Bottom Bracket Clinic / クランクとBB周りを触ってみましょう

クービック予約システムから予約する

2017/06/11・18・25(三週連続日曜日)

Advanced 01:Gorilla Spun Wheel Building Class

クービック予約システムから予約する

2017/06/17(土)

Advanced 02:ChrisKing Hub & BB Tech Class

クービック予約システムから予約する

ご利用案内
各種自転車の修理も対応しています。
ご自身では、どうしようもない時はお持ち込みください。

→ サービス料金表(PDF)